News

ケークサレでピクニック

2018.05.18

    もうすっかり初夏の陽気ですね。
    こんなお天気の日には、ピクニックに行きたくなります。

    今日はそんなピクニックにオススメの一品、「ケークサレ」のお話です。



    みなさんは、「ケークサレ」をご存知でしょうか。
    ケーキといえば、甘いお菓子というイメージがありますが、フランスには甘くない、しかも食事時に食べる「ケークサレ」という料理があります。

    何年か前に日本でも話題になり、お洒落なお惣菜として広まったこちら。


    「ケークサレ」とは、フランス語で「お菓子(ケーク=cake )」「塩(サレ=salé)」
    つまり、塩味のケーキを意味します。


    日本では、ランチやディナーの一品、もしくはカフェで頼むものとして、お洒落な料理というイメージがあります。

    ですが、本場フランスでは家庭料理であり、冷蔵庫に残ったあり合わせの材料で作ったり、住んでいる場所や家庭ごとにレシピが異なります。
    フランスの「おふくろの味」として各家庭で親しまれている、素朴な一品です。

    気取らず、親しみ易い食べ物である「ケークサレ」の醍醐味は、何と言っても組み合わせ次第でいくらでもバリエーションを出せる、具材の多彩さにあります。

    また、たっぷりと入れたチーズの塩味がすることが「ケークサレ」の名前の由来だそうです。


    私のお店でも、たまにご注文いただいてお作りすることがあります。

    今日のブログを「ケークサレ」のお話にしたのも、ご注文を頂いて先ほどこちらを焼いたからなんです(*^^*)








    こちらは、スモークサーモンとアスパラガス、ミニトマトとレモンのケークサレです。
    もちろん、チーズもたっぷり入っています!
    レモンの爽やかな酸味が、これからの季節にぴったりです。


    これからの季節、ピクニックにオススメなちょっとお洒落な「ケークサレ」。
    たくさんのレシピも出ています。
    とても簡単なので、是非作ってみてください!
    白ワインにもよく合います(*^^*)



    今日は「ケークサレ」のお話でした。

    03-3781-0370
    oishiiya.kawaiiya@gmail.com