News

母の日

2018.05.13

    今日は「母の日」です。







    では、この母の日がどのようにできたのか
    みなさんはご存知ですか?



    「母の日」の誕生は、1912年頃まで遡ります。

    アメリカに住むアンナという少女が、亡くなった母親の追悼式を行いました。
    その教会を、カーネーションの花で飾り、参加者にカーネーションを配りました。
    この母親は、一生を町の子供に尽くした優しい人だったので、町中がこの母親のことを心に留める意味を込めて、「母の日」を定めたのだそうです。

    この、心温まる行事はたちまちアメリカ全土に伝わり、当時の大統領がアメリカの国民の祝日として、5月の第2日曜日を「母の日」としました。


    そして、数年後には世界に広がりました。


    日本では昭和のはじめ頃から、キリスト教団体を中心にささやかに行っていました。
    そして、アンナが青山学院に出した手紙もキッカケになったそうです。

    女性宣教師の働きかけで普及しはじめ、今のような全国行事にしたのは森永製菓だったそうです。

    昭和11年に各団体に協力を呼びかけ、「母の日中央委員会」を作り、翌年には豊島園で大々的なイベントを行ったそうです。
    戦争で中断した時期もあったそうですが、その後再開され、1949年に5月の第2日曜日が「母の日」と定められました。


    さて、日本の「母の日」はこのようにアメリカから伝わってきたものですが、世界の「母の日」は独自の文化で、少しずつ違ったものもあるようです。


    一部をご紹介します。


    韓国・・・5/8
    韓国では「父母の日」として一緒に行います。
    プレゼントは現金が1番喜ばれるそうです。

    オーストラリア・・・5月の第2日曜日
    オーストラリアでは、国をあげての一大イベントで贈る花は、なんと「菊」だそうです。

    ハンガリー・・・5月の第1日曜日
    ハンガリーでは、母の日ではなく「女性の日」で、子どもからおばあちゃんまでお花やプレゼントを貰えるそうです。

    フィンランド・・・5月の第2日曜日
    フィンランドでは、[Vuokko-ヴォッコ]という野の花を摘んできて、プレゼントします。
    母の日には、お母さんに寝坊をさせて朝食とプレゼントをベッドまで運ぶのが習慣となっているそうです。

    アルゼンチン・・・10月の第3日曜日
    アルゼンチンでは、花の決まりはなくその季節の花束やプレゼントを贈ります。
    子どもに限らず、知人同士でも「母の日おめでとう!」と声を掛け合うそうです。


    国によって、こんなに違うとは驚きです!



    毎年、何気なく迎えていた「母の日」ですが、1人の少女の想いが世界中に広がっていったという、壮大な歴史があります。



    私も今日は久しぶりに、母に電話をしようかなと思います。


    それでは、笑顔の「母の日」をお過ごしください(*^^*)


    今日は「母の日」のお話でした。



    03-3781-0370
    oishiiya.kawaiiya@gmail.com