News

ウィークエンド その2

2018.04.27

    4月最後の金曜日。
    明日からGWという方もいらっしゃるでしょうか。


    今日は、「ウィークエンド」というお菓子のお話です。

    タイトルに「その2」と付けたのには理由があって、実は四年前にもウィークエンドというブログを書いていました。




    毎週金曜日に書くようになる前のブログは、ずいぶんアッサリとした内容のものばかりで、このブログもかなりアッサリしています(笑)



    さて、このブログでもわかるように「ウィークエンド」とはレモンのパウンドケーキのことです。
    「ウィークエンドシトロン」や「ケーク・オ・シトロン」「ガトー・ウィークエンド」などとも呼ばれているお菓子です。

    この、「ウィークエンド」はフランスで昔から親しまれている、伝統的な焼き菓子です。



    名前の由来は、

    ①日持ちが良いので、母親が平日の余裕がある時に作っておき、週末に家族で食べるという説。

    ②週末に、大切な人と食べたいケーキという意味があるという説。

    ③週末にバカンスに出かける時に持って行ったからという説。

    など様々です。


    フランスでは、週末前の挨拶として「Bon week-end!」と言うそうです。
    「weekend」は英語ですが、フランス語では間にハイフンを入れて、「week-end」として使っているのだとか。


    週末に食べるケーキなので、そのまま「ウィークエンド」なんですね。



    おかしやでは、今年はバラ型でウィークエンドを作っています。



    こちらは手軽に食べられるウィークエンドですが、せっかくなので、大切な人とGWに食べていただけるように、大きなパウンド型の「ウィークエンド」も販売しようと思います。

    数量限定でお作りしますので、気になった方はぜひお問い合わせください。


    今日は「ウィークエンド」のお話でした(*^^*)

    03-3781-0370
    oishiiya.kawaiiya@gmail.com