News

4月の魚?

2018.03.23

    すっかり、暖かくなって春の陽気となりました。
    2日前の大雪が嘘のようです。
    あちらこちらで桜も咲き始めて、春本番という感じになってきました。



    さて、今日は4/1のお話です。


    4/1といえば「エイプリルフール」ですよね。
    ちょっとした嘘や、軽いイタズラも許される、お馴染みの1日です。


    このエイプリルフール、フランスでは、「ポワソンダブリル」と呼ばれています。

    フランス語でポワソンは魚、ダブリルは4月という意味です。
    この魚、サバのことを表していると言われています。

    あまり利口でないサバは、4月になると簡単に釣れると言われていることから、4/1にこのサバを食べさせられた人のことを「4月の魚」ということが起源だそうです。

    どうやら、あまり良い意味では無さそうですねw



    4月の魚に因んで、フランスでは4/1には、魚型のパイやケーキがあちらこちらのケーキ屋さんのショーケースに並びます。







    私も、昔フランス菓子のお店で働いているときには毎年魚型のパイを作っていました。
    定番は、カスタードクリームがたっぷり入ったイチゴパイで、とても美味しいです!



    フランスでは、魚型のお菓子が食べられる他に、子ども達が魚の絵を描いて、誰かの背中にこっそりと貼り付けるというイタズラも許されると言われています。
    イタズラが見つかると、ポワソンダブリル!と言って、からかうそうです。


    今年のエイプリルフールは、そんなイタズラをしてみるのも楽しいかもしれませんね(*^^*)!


    今週は、ポワソンダブリル(4月の魚)のお話でした。


    03-3781-0370
    oishiiya.kawaiiya@gmail.com