News

ホワイトデーのお話し

2018.03.02

    3月に入って急に暖かくなりましたね。
    明日はひな祭り。
    ひな祭りが終われば、ホワイトデーです。

    1960年頃にバレンタインデーが流行った当時は、まだホワイトデーはなかったそうです。
    福岡の老舗菓子屋さんがバレンタインのお返しの日がないのはなぜか。という雑誌の記事を見て作ったそうで、当時はチョコレートを包んだマシュマロのお菓子が定番だったそうです。

    もらった気持ち(チョコ)を純白な愛(マシュマロ)で包むという意味合いのお菓子だそうです。


    ただ、現在のホワイトデーのお菓子の意味合いは

    マシュマロ*あなたが嫌い
    キャンディ*あなたが好き
    クッキー*あなたは友達

    となっているそうです。

    チョコが入っているか無いかで、マシュマロは全く逆の意味になるようですね。

    最近はお返しに、マカロンもよく見かけます。
    マカロンは特別な人という意味があるそうです。

    知人にもらったチョコレートには、クッキーのような焼き菓子ギフトが1番良さそうですね( ⊙‿⊙)


    おかしやでも、毎年ホワイトデー前には1000〜2000円のお返し用の焼き菓子ギフトがよく売れます☺︎




    今日はホワイトデーのお話でした(*^^*)

    03-3781-0370
    oishiiya.kawaiiya@gmail.com